PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
北条で18日「まちあるきワークショップ」

 北条地区コミュニティ振興協議会(江尻東磨会長)が18日、相次いだ地震からの復興と今後のまちづくりに役立てるため、地区全域で「まちあるきワークショップ」を行う。地域住民に加えて、地区外からの目線でも北条を見つめてもらいたいと、広く市民の参加を歓迎する。

 当日は午前8時50分までにコミュニティセンター体育館に集合。地区内21の町内会単位に分かれ、町内を歩く。名所・旧跡めぐりではなく、かつての子どもたちや今の子どもたちが遊んだ秘密の場所や、地域で話題を集めた物や場所など、隠れた“宝物”を探して観察・取材する。まちあるきは正午ごろまで。

 その後、各自が持参した昼食をコミュニティセンターで食べる。豚汁をコミュニティで用意。午後1時ごろからまとめのワークショップを行って発表。終了は午後4時の予定。子どもも大人も誰でも参加でき、希望者は歩きたい町内を決めて、15日までに北条コミュニティセンター(電話25―3355)へ。

(2008/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。