PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
東電が地質調査中間報告書を国に提出

 東京電力は12日、中越沖地震を踏まえて実施した柏崎刈羽原発周辺の地質・地盤構造調査の中間報告書を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。同省審議会での報告・検討を経て取りまとめたもの。海域では「F―B断層」など4本を主な活断層とし、陸域では原発に最も影響を与える活断層は長岡平野西縁断層帯と評価したという見解を示した。

 長岡平野西縁断層帯については、これを構成する角田・弥彦、気比ノ宮、片貝の各断層はそれぞれ単独で活動すると考えているとしながらも、約90キロでの同時活動も考慮するとの方針を改めて記述した。

(2008/ 5/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。