PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
心のケアのシンポを8月10日に

 県精神保健福祉協会柏崎地域こころのケアセンターが8月10日、本県出身のタレント・大桃美代子さんを招き、「こころのケアトークライブ・シンポジウム」を産文会館大ホールで開く。中越沖地震復興祈念事業で入場無料。1日まで申し込みを受け付けており、定員は先着400人。

 トークライブ・シンポジウムは、中越沖地震から1年を迎え、被災者、関係支援者の心のケアの継続が今後も重要となる中で、広く市民から心の健康の大切さを理解してもらうことが目的。

 当日は午後1時半から開会し、一部は「ふるさとに寄せる思い」をテーマにしたトークライブで、話し手は大桃さん、聞き手は松田ひろし・柏崎厚生病院長。二部はシンポジウムでテーマは「震災後のこころのケア」。それぞれ専門の立場から講演を行った後、大桃さんを交えて討論を行う。司会は松田院長。終了は4時半の予定。

 入場申し込みは電話、はがき、ファクスで同センター(〒945-0064、市内中央町1-14、田中中央ビル301、電話28-6070、ファクス35-6789)へ。

(2008/ 7/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。