PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
どんGALA!祭り、パワフルに

 市内外から60チーム・総勢約1800人が参加したよさこいイベント「どんGALA!祭り」(同実行委員会主催)が19・20日、市内6会場で開かれた。中越沖地震からの復興と全国への感謝を込めた祈りの青い短冊が揺れる市中には、両日合わせて約3万人の人出。個性豊かな衣装、パワフルな踊りで、参加チームと観客が心を1つにした。

 よさこいは約50年前に高知で始まり、札幌に広がった後、全国的なブームとなった。市内では通算9回目。駅前2の第四銀行柏崎支店前で行われた20日の開会式で実行委員会の内藤信寛・大会長は「皆さんのパワーをいただき、さらなる復興へ頑張りたい」とあいさつ。

 会田市長は「元気いっぱい踊っていただき、復興に向けた市民の意気を全国の皆さんから見ていただきたい。1日も早く復興を成し遂げるため、『どんGALA!祭り』を大きな契機として元気を取り戻し、頑張っていきたい」と述べた。

 各会場では、参加チームの粋な黒や紫、赤、白など色とりどりのはんてん、はっぴ、Tシャツ姿が夏空に舞い、鳴子がリズムを刻んだ。個性たっぷりの大きなフラウが宙に踊った。

(2008/ 7/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。