PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
「きのこ再発見教室」関心集める

 柏崎きのこ研究会(布施公幹会長)、市立博物館が12日、同館でおなじみの「きのこ再発見教室」を開いた。発生の最盛期だけに86種類が展示され、訪れた人たちの関心を集めた。

 同教室はキノコの食中毒予防のため、正しい情報提供をすることが狙い。きのこ研究会の会員が前日や当日朝まで採取したナラタケ(通称アマンダレ)、マイタケなどの食用37種類をはじめ、毒キノコ、不食のキノコも並んだ。今年は雨が降ったり、適度に寒くなったりして昨年よりも豊作だという。

 この日の来館者数は約430人。同研究会の説明を聴き、うち26人が鑑定を受けた。布施会長は「これからは8種類のタイプのナラタケが11月初旬まで楽しめ、その後クリタケ、ヒラタケのシーズンに入っていく」と話す。3大毒キノコのツキヨタケ、クサウラベニタケ、ドクササコには十分気をつけてほしいと呼び掛けている。

(2008/10/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。