PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
原発7号機の耐震安全性評価を最終報告

 東京電力は3日、中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発7基のうち最も点検・評価が進んでいる7号機について、安全上重要な建物・設備などの耐震安全性は確保されているとする最終評価結果報告書を経済産業省原子力安全・保安院に提出した。保安院は今後、専門家の意見を聴きながら確認する。

 耐震安全性評価は、中越沖地震後に改定した耐震設計用想定地震動(基準地震動)によるもの。5-7号機では地下基盤表面で最大1209ガル、7号機の原子炉建屋基礎部分の揺れは738ガル。すでに11月4日と28日に中間報告書を提出し、重要設備などの安全性に問題ないとしてきており、評価が残っていた設備もすべて作業が終わったことから最終報告書を取りまとめた。対象となった原子炉建屋、タービン建屋の耐震壁、機器・配管などは地震応答解析の結果、評価基準値を満たしていた。また、原子炉建屋の基礎地盤も応答解析を実施し、安定性を有していることを確認したとした。

(2008/12/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。