PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
南鯖石小児童が仮設住宅にサトイモ贈る

 南鯖石小(建部朝美校長、児童数52人)の3・4年生12人が9日、市内鏡町、駅前公園仮設住宅(29世帯)を訪れ、自分たちで作ったサトイモの土垂(どだれ)を贈った。

 このサトイモは南鯖石地区の特産品。児童たちは3年前から地元の“サトイモづくり名人”の指導を受けながら栽培を進め、学校給食などで味わっている。

 同所仮設住宅へのサトイモ贈呈は2年目。昨秋のイベントで配った際、同所に住む女性から「とてもおいしかった」とのはがきが寄せられ、「サトイモで元気になってもらおう」と児童が企画した。きっかけを作った女性は仮設住宅から退去したが、児童たちは今年も仮設住宅の人から食べてもらうことにした。

 9日は児童たちの到着を大勢の人が出迎え。児童の代表が手作りののぼり旗を手に、「学校で作ったサトイモです。これを食べて、元気になってください」と呼びかけ、6―8個入りの袋を手渡した。また、児童たちはサトイモと米粉で作った「みたらし団子」も配った。

(2008/12/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。