PHOTOニュース

春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)


見頃を迎えた里山のハナモモの花=15日午前、市内谷根 (2024/04/15)


青空の下、満開のソメイヨシノを楽しむ市民ら=13日午前、赤坂山公園 (2024/04/13)

>>過去記事一覧
市が10年度目標に子ども課機能を教委に

 10日午後行われた市議会12月定例会・一般質問で、会田市長は2期目の公約に掲げる「子育てと教育の一貫支援体制の整備」をめぐり、2010年度を目標とした体制づくりを考えているなどと述べた。矢部忠夫氏(社会クラブ)が一貫支援体制への具体的なイメージ、実現の方法などをただしたのに答えた。

 市長は、現在の子育て環境を取り巻く問題点などを挙げ、「柏崎の将来を担う子どもたちが健やかにはぐくまれていくためには、子育て支援や教育を切れ目なく推進する体制整備や地域のきずなの再生が急務」とし、一貫支援体制づくりは重要課題の1つとした。

 具体的には、現在市長部局にある「子ども課」の機能の大半を教育委員会に移管。就学前から義務教育終了まで一貫したきめ細かな子育て支援、教育指導の効果を高めることを目的とした。市長は「組織的なメリットとして住民にとっては、子どもに関する窓口が一本化され、分かりやすくなるとともに、子どもに関する情報が一元化され、専門職のネットワークの強化が期待できる」と述べた。

(2008/12/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。