PHOTOニュース

北朝鮮による拉致問題の解決を目指したフォーラム。提言を行う蓮池薫さ ん=4日、アルフォーレ大ホール (2023/06/05)


桜井市長から「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰の伝達を受けた星野宗男さん(右)=市役所市長応接室 (2023/06/02)


県高校総体卓球の男子決勝、産大附属―開志国際=市総合体育館 (2023/06/01)

>>過去記事一覧
会田市長「雇用問題早急に対策へ」

 「雇用の安定確保を求める市議会議員の会」(市議有志18人)が19日、金融危機の影響による雇用環境の深刻な悪化に対し、「新規採用者の『内定取り消し』、派遣労働者等非正規雇用者の『雇い止め』問題・雇用改善」に関する申し入れを会田市長に行った。事態を重く見て、市長は「市と柏崎職安、柏崎商議所でつくる雇用促進協議会を通じて、年内に早急な対策を出したい」と述べた。

 申し入れは「正社員を減らして非正規雇用に置き換え、減益になると真っ先に派遣労働者など雇用における制度的弱者を切り捨てる今日の企業のやり方は放置できない」とし、「柏崎市は中越沖地震からの復興途上であり、雇用の確保、市民生活の安定はその大前提だ。市としても管内企業に対し、安易な『派遣切り』や『内定取り消し』が行われないよう、また社会的責任として市民の雇用を守るよう強く協力要請すべき」とした。

 その上で、(1)市は雇用問題の不安に応える相談窓口や、労働相談ホットラインをワークサポート柏崎などに設置し、広く市民に周知(2)管内の企業に対し、安易な「派遣切り」「内定取り消し」が行われないよう強く働きかける。不安定雇用ではなく、正規雇用へと改善を図るよう働きかける(3)管内の非正規雇用の実態、新規採用者の就労状況を調査し、公開する――などを求めた。

(2008/12/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。