PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
小鳩幼稚園で新しい門扉完成祝う

 市内東本町2、小鳩幼稚園(大矢良太郎理事長、池田廣美園長、園児数百87人)が17日、正面玄関の門扉の完成を祝った。元理事長の故高桑義武さんの遺族からの寄付によるもので、園児らは新しい門扉の前で感謝の歌声を弾ませた。

 故高桑さんは56年前の同園立ち上げの時からの功労者の1人。理事長として尽力し、その後は顧問を務めていた。2007年1月に亡くなり、遺族から寄付の申し出を受けた。同園では検討の末、老朽劣化が心配されていた門扉の改修工事を行うことに決めた。

 新しい門扉は長さ約3メートル、高さ約1.7メートルのアルミ鋳物製。「森の仲間たち」と名付けられ、人間の子どもたちとウサギやリス、フクロウなどが仲良く遊ぶ様子が形取られる。北陸方面では初のオリジナル製品という。

(2008/12/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。