PHOTOニュース

小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)


炭の上で燃やしたツキガシラで今年の天候を占った「炭置き」神事=14日夜、市内北条・山本の熱田社 (2018/01/15)


1時間目の「地理歴史」「公民」の2科目選択の受験生に、袋詰めされた問題冊子を配る試験官=13日午前9時過ぎ、新潟工科大 (2018/01/13)

>>過去記事一覧
書家・真貝さんが25日まで個展

 市内栄町、書道家・真貝洋子さん(84)の作品展「かなの世界に遊ぶ」が15日から、フォンジェ内のテナント・シェリーヴ(中村まち子さん経営)で始まった。中越沖地震で自宅が全壊し、再建までの1年半を市外で過ごした真貝さんにとって、記念の作品展。再び柏崎に戻った喜びと感謝の気持ちを、地震の難を逃れた作品とともに表した。

 真貝さんは地震後、全壊した自宅から身内、ボランティアの手を借り、それまで書きためた数百点の書作品をすべて救出。市内の親せきに預かってもらいながら、自身は夫と一緒に、埼玉県で暮らす長男の家の近くのアパートを借りていた。1年半ぶりに家の再建を果たし、このほど住み慣れた柏崎に戻った。

 個展は、真貝さんが教員を務めた中学時代の教え子の中村さん(59)の声がけで実現した。展示は額、軸、折り帳、色紙など大小約50点。「百人一首」を中心の題材は、かな、挿絵が優しさを呼ぶ。お気に入りの貞心尼の歌、4メートルの大作の「針切」など“蔵出し”の作品がずらり。アパート生活で取り組んだ「春の小川」など童謡集も春待つ心でつづられた。

(2009/ 1/16)