PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
公立高推薦出願が28日から

 県内公立高の推薦選抜出願受け付けが28日から始まる。前年度から全日制普通科の通学区域を廃止し、全県1学区制で2年目となる。  

 2008年度に1学級減となった柏高、柏総で各1学級が増え、それぞれ6学級、5学級に戻る。常盤5学級、柏工4学級は変わらない。柏崎市刈羽村の今春の中学卒業予定者は昨年5月現在で前年度より70人多い892人。長岡・柏崎地区では89人多い4217人。

 柏工では中越、中越沖と2度の大地震を受け、電気通信の復旧などを学ぶ「防災エンジニアコース」(仮称)を設ける。同校は05年度から小学科別募集を工業科4学級で一括募集し、機械技術、電子機械、電気エネルギー、情報技術、環境化学の5コース制としていた。新しいコースでは災害時の電気通信の確保・復旧、機器操作に加え、防災活動にも貢献できる人材育成を図る。

 推薦選抜は柏高が課題作文、常盤、柏総、柏工が自己PRカード。特別推薦枠は柏高がハンドボール男女と水球男子、柏工は水球、ハンドボールの各男子で、両校とも計5人以内。出願は30日午前11時まで。試験は2月9日。合格内定通知は同月16日。

 このあと、一般選抜の出願は2月19日から同月23日。志願変更は同月25日から3月2日。学力検査は3月9日、合格発表は11日午後の予定だ。

(2009/ 1/27)