PHOTOニュース

段差解消工事のため、北側の対面2車線のう回道路に切りかわった国道116号上高町交差点。左奥の南側でボックスの切り取りが行われる (2018/05/24)


読み聞かせ、イベント活動などが評価され、文部科学大臣表彰を受けた刈羽村立図書館=ラピカ (2018/05/23)


市内のタクシー業界では初めてとなった市の認知症サポーター養成講座=15日、柏崎タクシー本社 (2018/05/22)

>>過去記事一覧
宮川海岸にマンボウ

 市内宮川、高浜小前の海岸で26日朝、独特的な形で知られるマンボウが打ち上げられているのを、同椎谷、渡辺由夫さん(73)が見つけた。すでに死んでいた。市内では、マンボウの漂着は2006年1月に荒浜海岸で見つかって以来3年ぶりだ。

 市立博物館によると、渡辺さんが見つけたのはヤリマンボウという種類。しっぽの舵(だ)びれの中央部が突き出しているのが特徴だ。ヤリマンボウは世界中の温・熱帯域に分布し、全長3メートルにもなる大型魚。日本では伊豆諸島、日本海での確認記録がある。

 今回見つかったのは体長約1.6メートル、張り出した背びれから下の尻びれまで約1.9メートル。渡辺さんは毎朝海岸を散歩しているが、「マンボウは初めて。例年ならこの時期はタルイカが上がるが、今年はさっぱり」と話す。

(2009/ 1/27)