PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
西山で2年ぶり共同年賀

 市内西山町坂田のふるさと館で4日、2年ぶりとなる市西山町共同年賀(同実行委員会主催)が行われ、約150人が出席した。

 西山地域の共同年賀は2005年の市町合併後、08年まで同町コミュニティ推進協議会など4団体の主催で行われたが、昨年は休止した。今年は旧町の町議経験者と行政の元トップを中心に商工会、観光協会、JA、森林組合を委員とする実行委で開いた。会田市長、今夏の改選に出馬を予定している田中直紀参院議員(民主)、地元選出両県議らが来賓で出席した。

 小池弘・実行委員長は、産業会館で今春開業を目指す新しい診療所を喜び、「地元の強い要望と熱い期待、市の配慮で実現した」とあいさつ。会田市長は中越沖地震で土砂災害が発生した市内椎谷の国道352号線で椎谷岬トンネルが7日に開通するとして、「震災からの復旧に区切りがつき、復興へと大きく前進する年にしたい」と述べた。

(2010/ 1/ 5)