PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
新潟工科大が風力発電機など設置

 新潟工科大にこのほど、経済産業省の「低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業」として、風力発電機とバイオディーゼル発電機が設置された。

 事業テーマは「新潟の自然と風土を活(い)かした分散電源ネットワークと電気自動車コミュニティーの構築」。3つの取り組みのうち、工科大が中心となって行うのは、風力発電、太陽光発電、廃食用油を原料とするバイオディーゼル燃料による発電と、蓄電を効率よく制御しながら、既存の電力系統と協調させる分散電源ネットワーク制御システム(マイクログリッド)作りだ。大学院棟への電力を供給し、電気自動車の電源としても利用する。

(2010/ 1/ 8)