PHOTOニュース

柏崎県関係などの貴重な資料を収集した高橋克英さん。後ろは、収集のきっかけになった「越後府」から交付された軸=市内半田1の自宅 (2018/04/23)


協定書に調印した桜井市長とセブン―イレブンの坂口マネジャー(右から3人目)ら=20日、市役所市長応接室 (2018/04/21)


春風に舞い、大池を泳ぐこいのぼり=19日、夢の森公園 (2018/04/20)

>>過去記事一覧
柏崎タクシーがグリーン経営認証

 市内東本町3、柏崎タクシー(吉田一彦社長)がこのほど、交通エコロジー・モビリティ財団によるグリーン経営認証を受けた。認証はタクシー事業で県内2社目、バス事業で3社目で、両事業そろっては県内で初めて。業務を通し、環境負荷の低減などを目指す。

 グリーン経営認証は、同財団が認証機関となり、推進マニュアルに基づく事業者の環境改善の努力を客観的に証明し公表することで、取り組み意欲の向上、運輸業界の環境負荷の低減につなげる。この取得によって、燃費の向上、交通事故や車両故障の削減などにメリットがある。

 同社では取得に向け、2008年から委員会を設けるなど準備。チェックリストをもとに、タクシー43台、バス23台を自己診断。従業員約130人が一丸となって、 燃費、エコドライブ、アイドリングストップ、事務所における環境保全などの項目をクリアしてきた。この一環として、昨年7月には、全国で初めての電気自動車タクシーの運行を開始した。

(2010/ 1/ 8)