PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
ごみ有料化3カ月、効果はっきり

 市が家庭ごみの有料化をスタートさせ、昨年12月末で3カ月。この間の累計排出量は前年同期に比べ、家庭系の燃やすごみで約20%、燃やさないごみで約60%それぞれ減少したことが分かった。また、例年増加する年末年始のごみも前年同期に比べ、16%近く減った。有料化の効果がはっきり表れたといえる。

 家庭系ごみのうち、燃やすごみは10月が1282トンで前年同期より約20%、11月が1173トンで約26%、12月が1307トンで約21%のいずれも減。合計では3762トン、約22%の減となった。燃やさないごみは10月が47トンで前年同期より約53%、11月が41トンで約57%、12月が45トンで約70%の減。合計では133トン、約61%の減。

(2010/ 1/ 9)