PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
8号バイパス新鵜川橋の橋げた架かる

 国道8号柏崎バイパス「新鵜川橋」(仮称)の橋げたを架ける工事が12月に行われ、年末までに川の両岸が結ばれた。

 新鵜川橋は全長178メートル、車道幅員8.75メートル。片側に3.5メートルの歩道が付く。昨年春までに2基の橋台、陸上と川の中の橋脚4基が完成。けたが架かると、市内剣野町側の低地と高台とを結ぶ市道6―4号線が通行できなくなることから、昨年は関係する市道の付け替えを施工。12月から工場製作したけたを分割搬入し、大型クレーンを使って剣野町側から順に架け、接続する工事を実施した。暮れは強風や降雪など厳しい作業環境となったが、ほぼ予定通りの日程で進められ、12月26日に剣野町側と枇杷島側の両岸が橋げたで結ばれた。

(2010/ 1/ 9)