PHOTOニュース

市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)


記念誌の発刊を喜び、お祝いの会を開いた「柏崎日記」を読む会会員=17日、シーユース雷音 (2017/11/18)

>>過去記事一覧
8号バイパス新鵜川橋の橋げた架かる

 国道8号柏崎バイパス「新鵜川橋」(仮称)の橋げたを架ける工事が12月に行われ、年末までに川の両岸が結ばれた。

 新鵜川橋は全長178メートル、車道幅員8.75メートル。片側に3.5メートルの歩道が付く。昨年春までに2基の橋台、陸上と川の中の橋脚4基が完成。けたが架かると、市内剣野町側の低地と高台とを結ぶ市道6―4号線が通行できなくなることから、昨年は関係する市道の付け替えを施工。12月から工場製作したけたを分割搬入し、大型クレーンを使って剣野町側から順に架け、接続する工事を実施した。暮れは強風や降雪など厳しい作業環境となったが、ほぼ予定通りの日程で進められ、12月26日に剣野町側と枇杷島側の両岸が橋げたで結ばれた。

(2010/ 1/ 9)