PHOTOニュース

江戸時代からの家族の歴史、農業の変遷を著書にまとめた今井長栄さん=市内岩上 (2018/06/21)


日本の勝利が決まり、肩を組んで喜ぶサポーターたち=19日夜、東本町1 (2018/06/20)


満員の会場から手拍子があり、一体感に包まれた自衛隊中央音楽隊の演奏会=アルフォーレ (2018/06/19)

>>過去記事一覧
大泉寺仁王門の修復終わる

 中越沖地震で大きな被害を受けた市内大清水、大泉寺の仁王門(市文化財指定)の復旧工事が昨年暮れまでに終了した。同寺の震災関係の建造物被害修復はこれですべて終わり、この後は田上町で修復中の金剛力士立像の1つ、阿形(あぎょう)像の完成を待つばかりとなった。

 仁王門は室町期の特長を示す三門一戸の八脚門で、寺伝によれば1579(天正7)年、上杉景勝の建立といわれる。内部には「稲刈り仁王」の伝説で知られる金剛力士立像(仁王木像)2体が安置されてきた。震災で仁王門は土台から柱が落ち、全体に傾くなど被害を受けた。また、一対の像のうち、特に阿形像の被害が大きかった。

 復旧工事では、土台を元に戻し、はりを入れた。1994年以来、15年ぶりにかやぶき屋根の吹き替えも併せて行った。

(2010/ 1/22)