PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
かしわ荘でラーメン・ボランティア

 県内のラーメン店店主たちが26日、市内畔屋の救護施設「かしわ荘」(保坂和久園長、入所者191人)を訪れ、熱々のラーメンを振る舞った。

 訪れたのは「ラーメン親父(おやじ)の会」のメンバー12人。同会は新潟のラーメンを全国に広めていこうと8人の店主で発足し、共同ブログで情報を発信している。現在は14人。ラーメン・ボランティアは昨年9月、新潟市の救護施設職員から「入所者は気軽に外出することができず、お店で出来立てのラーメンを食べたことがない」との話を聞き、ラーメンを提供したのが始まり。11月には胎内市、上越市の救護施設を訪問し、今回で4施設目となった。

 かしわ荘の食堂には各ラーメン店の「のれん」が飾られ、12人の店主もふだんの仕事着姿。「いらっしゃいませ」と威勢のいい声とともにスープの香りが広がり、まるでラーメン店と見間違えるかのよう。

(2010/ 1/28)