PHOTOニュース

朗読と演奏、スライドショーなどで楽しんだ「ライブラリー・ライブ」=10日、ソフィアセンター (2017/12/11)


つきあがった餅を臼から取り出し、平らにのばす水品社長=市内中田、光月堂 (2017/12/09)


DMATに期待を託して行われた救急車の譲渡式=市内北半田2、柏崎総合医療センター駐車場 (2017/12/08)

>>過去記事一覧
夏季一時金「昨年並み」が6割

 柏崎商工会議所はこのほど、今年の夏季一時金に関する意識調査を行い、その結果をまとめた。会員事業所150社を対象に行い、うち93社から4月末までに回答を得た。結果は全業種で前年と比べて下方にシフトしており、一段と厳しい支給となることが予想されている。 

 全体では「昨年並み」が64.0%で最多。次いで「0.5〜1カ月未満の減額」が14.0%、「0.5カ月未満の減額」が11.6%の順で続いている。支給予想額の月数では「0.5〜1カ月未満」が37.4%。次いで「ゼロ(支給なし)」が22.0%など。

(2011/ 6/25)