PHOTOニュース

くす玉を割って、支持者と一緒に当選を喜ぶ鷲尾英一郎さん(左から3人目)=22日午後10時前、燕市秋葉町 (2017/10/23)


シンガポールのようかん展示会に出展する市内新野屋の「くろ羊かんミニ」 (2017/10/20)


ともし火を手に、看護の道へまい進を誓った戴帽式=18日、新潟病院附属看護学校 (2017/10/19)

>>過去記事一覧
市が奨学金の申請受け付け

 市は、大学などに進学する人たちを対象にした奨学金の貸し付け希望者の申請を2月2日から受け付ける。期間は3月31日(消印有効)まで。2004年度からスタートした制度で、これまでと同じく地元の新潟産大、新潟工科大入学者の優先枠を設ける。

 この制度は、成績優秀な学生で経済的理由によって就学困難な人に対し、学資の貸し付けを行うことにより、教育の機会均等を図ることが狙い。市議会や市民の要望に応え、市が独自の制度として創設した。

(2015/ 1/31)