PHOTOニュース

作品に囲まれる新保心菜さん。農林水産大臣賞を受けた作品と同じ課題 「郷土の魅力」をはじめ、高円宮賞「海辺の風景」、内閣総理大臣賞「深 緑」などがずらりと並ぶ。中央は高円宮杯=刈羽村十日市の自宅 (2023/02/02)


柏崎など中越地区4JAが合併し、新JA「えちご中越」の名前が入った看板などに衣替えされた旧JA柏崎本店=1日午前、市内駅前1 (2023/02/01)


原発事故時の避難などを巡って厳しい意見が相次いだ東京電力による住民 説明会=30日夜、産文会館 (2023/01/31)

>>過去記事一覧
柏崎土地改良区が藤井堰の史料を冊子に

 柏崎土地改良区(与口勝郎理事長)はこのほど、同改良区に残る300点以上の古文書などの史料を解読し整理・分類した「近世の藤井堰(ぜき)と東江・西江」(A4判80ページ)を発行した。激しい水争いの歴史、先人が苦労・苦心して農業用水を確保してきた姿が客観的に読み取れる内容だ。

 史料整理のきっかけは2004年の春、市内平井、元市議会議長の高橋照男さん(76)が、自宅近くを流れる東江(鯖石川右岸用水路)の研究を進める中で、「土地改良区にある文書を見せてほしい」と訪れたのが始まり。同改良区には1709(宝永6)年から昭和の初めに至る古文書、旧北鯖石村役場にあった1730(享保15)年から戦後しばらくまでの藤井堰関係文書、平井集落が所有していた古文書など合わせて300点以上の史料、古地図が茶箱の中に納められていた。

(2007/ 1/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。