PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
市が使用済み核燃料税の次期方向協議へ

 20日午後の市議会6月定例会・総務常任委員会で当局は、使用済み核燃料税の次期の方向を協議のうえ、2008年2月議会に報告したいと述べた。

 使用済み核燃料税は、東京電力柏崎刈羽原発に関連した財政需要があるとの考えから、同原発内にある使用済み核燃料を対象に、法定外目的税の位置づけで課税している。03年9月30日から施行され、現在、年間約5億数千万円の税収入となっている。

 この条例は施行後五年をめどに、必要があれば税率をはじめとした規定を改めて検討することになっている。当局は「08年度事業は、条例改正時の9月を待たずに始まることから、同年2月市会に今後の使用済み核燃料税の方向を報告させていただきたい。これに向けて東京電力との協議を始める」と述べた。08年度からの財政需要について市第4次総合計画から目的に沿った事業を抽出し、7月から協議を行いたいとした。 

(2007/ 6/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。