PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
潮風マラソンの開催日決定

 柏崎潮風マラソン実行委員会(石橋勉委員長、事務局=市勤労青少年ホーム)が2008年の大会開催日を5月18日に決めた。22日、市民プラザで開かれた第1回の実行委員会で決定したもので、中越沖地震の影響で開催が危ぶまれたものの、コース沿線地区の理解のもとで実施する。これにより、年明けの1月中旬から参加者の募集を行う。

 潮風マラソンは1986年に市勤労青少年ホームの開館15周年記念事業として始まった。2001年から柏崎の初夏のイベントとしてリニューアルし、1,000人規模の大会に発展した。昨年まで7回を数え、市民ランナー主役の大会として親しまれてきた。

 来年の開催に当たり、震災の被害が甚大だった中浜、番神地区をはじめ、コース沿線の地区協議会長、町内会長から理解を得て、8回目の実施にこぎつける。中には「元気を出すためにも開催を了解」「元気の出ない地区民に声をかけ、応援部隊を結成したい」など、復興のステップにする地域も出ている。

(2007/11/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。