PHOTOニュース

生活習慣の改善などが課題になった食育推進会議=元気館 (2021/10/26)


豊かな森と海を願い、桜の苗木を植樹する参加者=23日、市内谷根 (2021/10/25)


堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)

>>過去記事一覧
知事会見、被災者の生活再建早く

 泉田知事は4日、県内ローカル紙などの新春記者会見に臨み、年頭の所感として中越沖地震被災者の生活再建のめどを1日も早くつけたいとした上で、県政の目標に「誰でも安心で安全な生活ができる地域社会づくり」「希望の持てるふるさとづくり」の2点を挙げた。特に人口減少と同時に超高齢社会を迎える本県では「健康(医療)と働く場の確保が重要」との見方を示した。

 知事は本年の経済見通しを「中越沖地震の特需はあるものの弱含みで推移するのでは」と述べ、「しばらくは踏みとどまって希望の持てる地域社会づくりを進めたい」とした。中越沖地震を受けて「産業再生の支援を積極的に行う」との方針も表明した。

 全号機が停止している東京電力柏崎刈羽原発については「今後の対応は白紙」として調査結果を待つ姿勢を見せたが、産業や雇用に与える影響も大きく、まちの将来に大きな課題を残している点を憂慮した。立地点のトップが海底活断層の存在について事前に知らされていなかったことは「東電本社は地域住民の気持ちが分からないのではないか」と厳しく批判。「最新の知見で細心の注意を払って運営することが大前提」と述べた。

(2008/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。