PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
イチゴの超促成栽培に挑戦

 クリスマスに柏崎産イチゴを――と、市内宮之窪にある市農業振興公社が今年、県推奨イチゴ「越後姫」の超促成栽培に挑戦することになり、冷蔵庫で約1カ月低温暗黒処理を行った苗の定植作業がこのほど行われた。

 例年、2月から収穫・出荷しているイチゴは促成栽培と呼ばれ、7月に親株から挿し苗にし、10月に定植してきた。それより早い収穫を目指す超促成栽培は6月に採苗。育てた苗を8月から9月までの約1カ月間、気温12度、湿度98%状態に保った大型冷蔵庫に入れ、人工的な秋をつくり出して花芽を早く付けさせる。その後に、ハウスに定植して加温すると、春のように花が咲く。

(2008/ 9/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。