PHOTOニュース

地元住民の畑で、自生のシソを摘み取らせてもらう参加者=6日、市内高 柳町石黒 (2024/07/13)


中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)

>>過去記事一覧
綾子舞が2年ぶり現地公開

 国指定の重要無形民俗文化財「綾子舞」の現地公開(市綾子舞保存振興会、市主催)が14日、市内女谷の綾子舞会館前で行われた。昨年は中越沖地震で中止になり2年ぶり。震災からの復興を願い、演者、囃子(はやし)方がピタリと息を合わせた舞台を繰り広げ、歴史の重みを今に伝えた。会場は市内外から過去最多の2000人以上が訪れ、優雅な舞台を堪能した。

 綾子舞は女性が踊る小歌踊と男性による囃子舞、狂言の3種類を総称。出雲の阿国(おくに)の初期歌舞伎の面影を色濃く残す古雅な芸能だ。周辺の水田が黄金色に染まる中、舞台清めの「払い舞」で幕を開け、「常陸踊」「掏摸(すり)」「小原木踊」「恵比寿(えびす)舞」など12演目を披露した。会場は赤いゆらいと独特の所作に見入り、せりふ回しに聴き入った。

 熱心に見守った市内出身の北原保雄・前筑波大学長(72)は「けいこの成果が出て、そろっていて美しい。舞台から皆さんの熱意が伝わる。狂言などは研究の対象として興味がある」と話し、“綾子舞応援団長”の須藤武子・日本民俗舞踊研究会代表(76)は「民俗芸能は暮らしと自然にはぐくまれた宝。その意味で鵜川の地で、現地公開が大勢の協力のもとでできることは大変素晴らしい」と感無量だった。

(2008/ 9/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。