PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
柏崎と東京の高校生が地球環境問題学ぶ

 電力の生産地と消費地の高校生が地球環境問題を学んで交流する事業の実地研修が14・15日、市内で行われた。生ごみを処理した肥料による有機農法や、廃食用油のBDF(バイオディーゼル燃料)製造施設などを見たほか、東京電力柏崎刈羽原発も見学した。

 この事業は2005年から毎年実施。柏崎、長岡などの会員でつくる特定非営利活動法人「地球感」(品田史夫理事長)と柏崎原子力広報センターが主催し、今年は早稲田大学高等学院(東京・練馬区)の生徒12人、地元柏工・柏総から11人が参加。日本のエネルギー事情とリサイクルをテーマに、6月には東京で2日間の講義を受けた。

 14日は荒浜1の原子力広報センターに集合。品田理事長が「皆さんをつないでいるのは電力だ」と交流の意義を強調し、昨年の中越沖地震にも言及。若山副市長は「柏崎は明治時代に石油産業で沸き、今は原子力発電所がある。エネルギーのまちだ」と述べた。

(2008/ 9/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。