PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
保安院が原発の状況を住民に説明

 経済産業省原子力安全・保安院は27日、中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発の調査・検討状況の住民説明会を柏崎商工会議所で開いた。地震後、保安院による住民説明会は柏崎では3回目。地元を中心に約70人が参加した。

 今回は、東電の点検が先行している7号機の施設の健全性確認状況や原発周辺の断層評価、基準地震動の見直しなどを保安院が説明した。参加者からは「地震で加わった力が設計の想定を超えた機器は使用させるべきでない」という声や、中越沖地震の震源断層と見られる原発沖「F―B断層」の北方延長を評価すべきとの意見があった。保安院は、地震時の応力は変形が元に戻る弾性範囲内だったとし、F―B断層の北方部については「海上音波探査で断層が見えるかどうかだけでなく、海底の地形の状況などで総合的に判断しており、これまでのところ、ここに活断層を想定すべきという議論は保安院にはない」と答えた。

(2008/ 9/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。