PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
えんま通りの先行事業化候補地に2ゾーン

 中越沖地震で多くの店舗が損壊した「えんま通り」(市内旧本町7丁目)の再生に向け、復興協議会(中村康夫会長)が28日、町内の事務所で全体会議を開いた。全体会議は2カ月ぶり7回目。これまでの検討から先行事業化の候補地として、閻魔(えんま)堂向かいの南側2カ所のゾーンを示した。

 同協議会は、震災直後からかかわる新潟工科大・田口太郎准教授の研究室、早稲田大都市・地域研究所の佐藤滋所長ら2大学・2研究機関による「支援する会」の協力を得て、5月から始動。震災から1年の7月中旬までに、原則3年以内で着手できる第1期、その後の第2期に分けて事業案の検討を進めることなどに合意。道路は都市計画街路事業にこだわらない手法をとることも決めた。

 その後、閻魔堂側の北側を7カ所、南側を9カ所の合わせて16ゾーンに分け、整備方針の検討を行ってきた。28日の全体会議では、被害の大きかった南側の2カ所のゾーンを先行事業化の候補地として示した。今後は共同化を視野に入れながら、「支援する会」の提案に対して、当事者間で協議する。ハード面に並行し、新しいまちづくりのソフト面へ組織づくりなども行うとした。

(2008/ 9/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。