PHOTOニュース

じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)


かれんな花と爽やかな緑で楽しませた「山野草展」=21日、中央地区コミセン (2022/05/23)


五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)

>>過去記事一覧
市予算案見通し、規模は前年度比大幅増

 会田市長は5日の定例記者会見で、市の2009年度当初予算案について、一般会計の規模は、中越沖地震からの復旧・復興で膨らんだ前年度の485億7000万円を大きく上回る見込みであることを明らかにした。起債の繰り上げ償還、同地震に伴う住宅特別資金の融資預託、合併特例事業などが要因だ。予算案は16日に発表される。

 市は震災復旧・復興で財政状況が厳しくなったことから、昨年11月、基金繰り入れや事務事業削減などで財政計画を見直している。こうした中で、09年度一般会計予算案は初めて500億円を超える規模が予想されるが、要因として挙げたものについて市長は「いずれもほぼ特定財源による事業であり、一般財源充当の事業はかなり圧縮され、前年度を下回る」と説明した。

 合併特例事業には、09―11年度の債務負担行為で限度額21億円を計上している新市民会館(仮称)の用地取得が含まれており、市は初年度に約3ヘクタールのうち3分の2を取得する方針だ。

(2009/ 2/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。