PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
新成人フェス該当者888人に案内状

 市教育委員会は、20歳(はたち)の門出を祝う新成人フェスティバルを憲法記念日の5月3日、市総合体育館で行う。「みんなの気持ちがあったかい!わたしのまちの20歳の祭典」をキャッチフレーズに、式典とアトラクション、記念撮影の3部構成で晴れの日を祝う。

 フェスティバルは、全国的に新成人を祝う式典の在り方が問われる中、1998年からオープン参加型にした。以来、総合体育館の観覧席を使い、新成人と家族が喜びを分かち合える場をしつらえた。同時に、多くの市民からも訪れてもらい、新成人の門出を祝ってきた。2003年から現在の形になり、希望制の出席による厳粛な式典、オープンな雰囲気のアトラクションの部を設けた。

 当日は、式典参加希望者の受け付けを午前10時から行う。10時半から会田市長のあいさつ、霜田市議会議長の祝辞、新成人代表のメッセージなど。抹茶サービス、市長と記念写真コーナーのほか、健康チェックなどのアトラクションを予定する。終了後、記念撮影。

 今年の該当者は1988年4月2日から89年4月1日生まれ。平成生まれも初めて対象になった。市内の在住者は男性が483人、女性が405人で合わせて888人。前年(男性467人、女性397人)に比べ、男性が16人、女性が8人多かった。市内在住者にはすでに案内状を発送した。

(2009/ 4/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。