PHOTOニュース

よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)

>>過去記事一覧
国道352号「椎谷岬トンネル」が貫通

 中越沖地震からの復旧関連事業として市内椎谷地内で掘削が進められてきた国道352号「椎谷岬トンネル」の貫通式が22日、現地で行われ、来年春の開通に期待を高めた。これまで「仮称・椎谷トンネル」と呼んできたが、地元の意向などを踏まえ、このほど正式に「椎谷岬トンネル」と決まった。

 トンネルは全長880メートル、幅9.5メートルの片側歩道付き。市街地側と西山町側で高低差はほとんどなく、緩いカーブを描く。貫通式はほぼ中間地点で行われ、市街地側から泉田知事、西山町側から会田市長や地元住民、施工者ら合わせて約120人が入坑。知事、市長らが掘削機のスイッチを押して貫通した。安全確認に続いて、通り初めを行い、知事・市長が握手を交わして万歳三唱。石地小(品田やよい校長)の児童22人がくす玉を割り、待望の貫通を祝った。

(2009/ 4/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。