PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
工房5周年「きがみ市」が25日から

 市内高柳町門出の「高志(こし)の生紙(きがみ)工房」(小林康生代表)で25日から5月10日まで、工房開設5周年記念の「きがみ市」を開催する。生紙ギャラリーでは門出和紙の使い手で工房協力者でもある書家・小林規子さん(64)=東京・港区=による「Noppe書展 生紙工房U」。同町漆島、故米山仙治さん・光俊さん親子の短歌を小林さんの筆で楽しんでもらう。この展示は7月26日まで。

 きがみ市は、製造工程で色や厚さが変わり、やや風合いが異なった紙、個性的な紙、枚数が半端になった紙などを通常より安く販売する。時間は午前9時から午後5時まで。5周年記念イベントとして、26日と5月3日は、生紙を使った折染め体験ができる。体験料は1枚100円。誰でも手軽に短時間で楽しめるという。詳しい内容は生紙工房(電話31-9130)、または門出和紙(電話41-2361)へ。

(2009/ 4/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。