PHOTOニュース

信越本線の魅力を紹介したアニメ「とびだせ!信越本線―みんな乗んなせ、魅惑の路線」の前編トップページ (2022/01/25)


三角だるまに絵付けをする参加者。表情豊かな縁起物が出来上がった=22日、西山ふるさと館 (2022/01/24)


市地域農業再生協議会の水田農業推進部会の会合。2022年産米の生産数量目標を決めた=柏崎農協会議室 (2022/01/22)

>>過去記事一覧
荒浜でイワシまつりにぎわう

 市内の荒浜漁港広場で10日、イワシまつり(同まつり実行委員会主催)が開かれた。カラフルな大漁旗が風になびく海岸には約1200人が集まり、刺し網にかかった魚をはずしたり、浜焼き、浜汁などで“海の幸”をたっぷり楽しんだ。

 まつりは1996年から海の恵みをわかち合い、イワシのおいしさを存分に味わおうと始まり、今年で14回目。地域コミュニティ計画の目玉事業の1つにも位置づけられる。コミセン、町内会、新潟漁業柏崎支部荒浜分会、青年会、子供会育成会、老友会など町内挙げて実行委員会を構成し、準備を進めた。

 午前7時過ぎ、漁船から伸ばされた刺し網の周りに大勢が集まった。本命のイワシの姿は見られなかったが、カレイ、サワラなどがかかった。魚のはずし方を教わり、荒浜小5年・姉崎志穂さんは「魚をはずすのは難しいけれど、いつもできないことが体験できて楽しい」、友だちの同・野間優希さんも「漁協の人の仕事の大変さが分かった」と笑顔。

 荒浜小の藤下直人校長は「子どもたちが地元の活動に参加したり、生き物の大切さ、命のありがたさを知ったりするよい機会」と話し、漁協荒浜分会長の柴野一志さんは「子どもらが喜ぶ様子はうれしい。柏崎の海でどんな魚がとれているかを知ってもらえたらいい」と話した。

(2009/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。