PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
新市民会館の基本設計案、7日に説明会

 市は、仮称・新市民会館の建設に向け、基本設計案の第1回市民説明会を7日、市民プラザで開く。これに伴い、市内の公共施設などに基本設計案などの説明会資料を置き、多くの人の参加を呼び掛けている。併せて、今月15日まで意見募集も行っている。

 新市民会館はJR柏崎駅前の日石加工柏崎工場跡地で2012年3月末の竣(しゅん)工を目指す。市民の文化活動の拠点であり、新しい魅力を持った柏崎の顔となる建物で、震災からの復興のシンボルと位置づけられる。今年2月、設計者を公募型プロポーザルで募集し、審査の結果、環境デザイン研究所(東京港区)が選定された。

 基本設計案は全体配置図、基本設計における施設計画の考え方、新・旧市民会館の主な施設内容の比較、1・2階平面図、3・4階平面図・断面図、前ロビー・スカイステージの計画などで構成される。このうち、施設計画の考え方として「市民の芸術文化活動の中核施設として、“まち”と“人”を元気にする『新市民会館』」を据えた。

 基本方針に(1)市民の芸術文化活動を呼び起こす施設(2)誰もが利用しやすく、日常的なにぎわいを創出する場(3)柏崎市の新しい「顔」(4)震災復興の象徴――の4点。冬季の強い季節風を遮るため、北西側にホールを、東南側に市民利用の中心となるロビーを、敷地南側に「劇場広場」をそれぞれ配置する。

 また、がん木構造の都市廊、1階と2階をつなぐ前ロビーなどを設ける。ホールは舞台と客席の一体感が得られる掌(たなごころ)型2層式で、席数は1100程度(1階席700程度、2階席400程度)。小ホール機能を持つリハーサル室、大小の練習室、プレコンサートなどに利用できる前ロビーなどを提案している。

 説明会は7日午後1時半から3時半まで。定員は約250人で申し込み不要。

(2009/ 6/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。