PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
青少年健全育成市民会議が総会

 市青少年健全育成市民会議(山崎高美会長、事務局・市青少年育成センター内)が8日、柏崎エネルギーホールで総会を開いた。「大人が変われば子どもも変わる」をキャッチフレーズに、新規に「携帯・インターネット問題」に取り組むなど市民総ぐるみで子どもたちの健やかな成長を目指すことを決めた。

 同会議は1980年、青少年の健全育成に対して市民の認識を深めることなどを目的に発足。これまで非行防止や社会環境の浄化活動などを進めてきた。会員数は現在約1200人、賛助会員は10社。

 総会で山崎会長は「私たちの目的は『青少年が健全な大人に育つように支援する』こと。青少年問題は、親や大人社会のありようを反映し、その影響が大きいことから『大人が変われば子どもも変わる』をキャッチフレーズに活動を展開したい」と呼び掛けた。

 議事では、(1)青少年の健全育成に対する市民の認識を高める活動(2)青少年育成地区活動の充実(3)専門部活動の充実(4)健全な家庭づくり運動の推進などを重点事業にした。具体的には、市民意識の高揚を求め、青少年健全育成大集会を継続で計画。

 また、「子どもとメディア」を重点課題に掲げ、ノーテレビ・ノーゲームの実践活動の継続、ネット被害から守るため、「子どもとケータイ問題」をテーマにした講習・地域研修会などを新たに盛りこんだ。19回目の「トライウオーク」は越後柏崎7街道のうち、じょんのび街道(市内高柳町地内)で実施する。

(2009/ 6/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。