PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
研精舎で270人解雇

 民事再生手続き中の研精舎(本社・東京)で24日、主力の柏崎工場約370人の従業員のうち、約270人が解雇された。部門によっては最長で8月末まで一部生産継続、雇用延長を続ける。

 柏崎では25日に会社から離職票が交付され、26日は柏崎公共職業安定所の集団受理、失業給付、保険関係などの説明が行われる。部品供給先の要請、中国上海工場の操業に伴い、6月末、7月後半、8月末までと規模を縮小しながら部門によっては一部雇用を延長する。会社は引き続きスポンサー探し、再就職先の確保などに当たっている。

 同社労働組合(小林正彦執行委員長、組合員数277人)は19日、解雇日前としては最後になる臨時大会を開いた。組合は今秋、結成40周年を迎えるはずだった。大会は全員の再就職を目指し、「ガンバロー」で締めくくった。

(2009/ 6/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。