PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
ごみ有料化は円滑スタート

 市は7日、家庭ごみ有料化の一週間の実施状況をまとめた。今月1日からのスタートでこれまでに3回燃やすごみを収集したところ、平均で前年比の27%減となっている。

 市によると、有料化の実施を前に、燃やすごみの最後の収集日となった9月29日は385トンだったものの、一転して、10月1日は96.3トンとなり、前年同比の約30%減となった。以後、3・6日の収集を平均すると、1日当たり115トン。前年同時期の1日当たりの平均が157トンだったことから、大幅な減といえる。

 また、指定ごみ袋以外の袋で出される、いわゆるルール違反ごみは各町内会で数個程度。市では「市民の理解、協力のおかげでスムーズなスタートが切れたものと評価」とした。

(2009/10/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。