PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
蓮池さん夫妻、帰国から7年

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(52)、祐木子さん(53)夫妻と、佐渡市の曽我ひとみさん(50)、福井県小浜市の地村保志さん(53)、富貴恵さん(54)夫妻が帰国して15日で7年を迎える。蓮池さん夫妻は14日、「強い意志と外交術を発揮し、1年以内に可視的進展を」と拉致問題解決に向けた新政府の取り組みと世論の支持を求めるコメントを市を通じ、発表した。

 蓮池さんは新潟産大で韓国語の専任教員、新潟工科大で非常勤講師を務める。祐木子さんは市非常勤職員として保育園の調理補助などの仕事をしている。長女の重代さん(27)は上越教育大大学院を今春修了し、就職。長男克也さん(24)は早稲田大理工学部に在籍中。

 蓮池さんは4年前に韓国本の翻訳家としてデビューし、歴史小説や詩集の訳書、書き下ろしなどを出版。20冊目となった手記「半島へ、ふたたび」(新潮社)は新潮ドキュメント賞を受賞した。次回作は翻訳もので、親子の情を扱った韓国現代小説だという。

(2009/10/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。