PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
松波でハロウィーン大にぎわい

 市内の松波コミュニティ振興協議会(渡辺義一会長)が11日、震災復興祈願の「ハッピー!ハロウィーンinまつなみ」を同地区コミセンなどで開いた。子どもからお年寄りまで300人以上が奇想天外な仮装でパレードを行い、家々に“元気”を贈った。

 イベントは地域コミュニティ計画の活動の一環。スタッフ250人以上が準備を進めた。仮装は年々本格化し、色とりどりのビニール袋を使ったり、洋服を作ったりして、天使や魔女などに扮した。松波3の武藤美鈴さん(44)は「スカートが光り、カボチャの模様も」と衣装づくりの苦心を語り、荒浜小3年の愛奈さんは「お母さんから作ってもらい、うれしかった」とパレードの列に並んだ。

 パレードは町内の約50メートルのコースを回った。家々では、ハロウィーンの飾り付けをして待ち構えた。会田市長は「震災からの復興へ向け、地域の団結と助け合い、支え合いが大事。パレードを通して、安心して暮らせる住みよい地域づくりへ頑張ってほしい」と仮装姿で一緒に歩いた。

(2009/10/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。