PHOTOニュース

スポーツや文化など1年間の活動をたたえた教育委員会表彰式=市民プラザ  (2024/02/24)


24年度施政方針演説を行う桜井市長=22日午前、市議会議場 (2024/02/22)


若手社員と学生が地元就職について意見を交わした交流会=16日、柏崎商 工会議所 (2024/02/19)

>>過去記事一覧
震災復興へ「歓喜の歌」高らかに

 震災復興祈念の「柏崎第九演奏会」(同実行委員会主催、西川勉実行委員長)が17日夜、市総合体育館で行われた。復興・感謝・歓喜をテーマに、合唱と演奏に総勢300人以上。「歓喜の歌」の熱唱が柏崎の再生へ高らかに歌い上げ、聴衆2200人を感動で包み込んだ。

 「第九」は、「歓喜の歌」として知られるベートーベン作曲の「交響曲第九番」でクラシック音楽の象徴的な存在。市内では1998年、柏崎フィルハーモニー管弦楽団の10周年記念で第九演奏会を行い、20周年に再演が計画されたが、旧市民会館が震災で使用不能となったため中止せざるを得なかった。

 こうした中で昨秋、市民各方面による実行委が立ち上がった。公募の合唱団は今年初めから初心者練習、4月から本練習を重ねた。17日は、合唱団が市内のアマ合唱団をはじめ、市内外の約230人、演奏が柏崎フィルを中心に市外を含め約110人。また、公募のジュニア合唱団として約130人が出演した。

 同館の特設ステージで金管アンサンブル「市民のためのファンファーレ」でオープニングを告げ、ジュニア合唱団が「ふるさと」などで歌声を披露した。「第九」は丸山嘉夫・柏崎フィル常任指揮者が指揮棒を振り、第3楽章まで詩情豊かな旋律が流れた。第4楽章の「歓喜の歌」では合唱、演奏が大きなうねりとなり、パワーを爆発。割れるような拍手、「ブラボー」の声援が飛んだ。

(2009/10/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。