PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
栃ケ原ダムが満水に

 柏崎地域の慢性的な農業用水不足を解消するため、北陸農政局柏崎周辺農業水利事業所(河津宏志所長)が市内高柳町で建設を進めていた「栃ケ原ダム」が2日昼前に満水となり、ダム堤頂から水があふれ出した。計画では昨年の初夏に満水となる予定だったが、昨冬の記録的な少雪で遅れた。今後は満水試験に続いて落水試験を実施。当初計画より少し遅れるものの、県の検査、承認を得て、同事業所では「今年の夏ごろには必要な水を供給したい」としている。

 栃ケ原ダムは総貯水量247万立方メートル、有効貯水量230万立方メートルの重力式コンクリートダム。堤高は52.7メートル。堤体建設中に中越沖地震に見舞われたことから、安全確認を行い、2008年10月に試験湛(たん)水を開始した。

(2010/ 2/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。