PHOTOニュース

人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)


ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)

>>過去記事一覧
連合柏崎地協が春闘方針を確認

 連合柏崎地協(佐藤和典議長、74組合・約8600人)は3日、単組代表者会議を産文会館で開き、今年の春闘の方針と進め方を確認した。

 佐藤議長は連合新潟の春闘方針を踏まえてあいさつし、「今年は非正規労働者を含めてすべての働く者のために頑張ることが春闘のキーワードだ」とした上で「デフレスパイラルに陥らないようにするには個人消費を回復させなければならず、賃金上昇は不可欠。まず定期昇給を確保すること」と呼び掛けた。具体的な目標として「全労働者の賃金を月額5000円以上引き上げる。パート労働者は時給30円上げれば月5000円になる」と述べた。小林俊夫・連合新潟副事務局長がさらに詳しく方針と課題を説明した。柏崎地協は3月3日に春闘総決起集会を産文会館で開催する。

(2010/ 2/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。