PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
「蝋型」作品が国際見本市へ

 市内大久保2、蝋(ろう)型斑紫銅の伝統を受け継ぐ4代晴雲・原惣右エ門さんの工房が12日から、ドイツ・フランクフルトで開かれる「アンビエンテ」(国際消費財専門見本市)に出展する。同工房が海外に出展するのは初めて。作品を通し、日本の伝統美を発信する。

 アンビエンテは、世界最大の消費財見本市として毎年開かれ、2009年には86カ国、4400社が出展。13万6500人の来場者を数えた。今回の見本市には、県内からにいがた産業創造機構が進める新潟発のグローバルブランド「百年物語」の中から12社が参加する。会期は16日までの5日間。

 同工房からは蝋型斑紫銅の花器、しょく台をはじめ、初めての試みとしてUSBのフラッシュメモリーカバー、携帯電話用のストラップなど13点を出品する。

(2010/ 2/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。