PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
建設技術研修会が集中講義

 柏崎商工会議所総合建設部会(植木康之部会長)が昨年12月からシリーズで開いている建設技術研修会で6日、新潟工科大建築学科の地濃茂雄教授がコンクリート施工の留意点について特別編の集中講義を商議所で行った。

 研修会は夜学として始まり13年目。商議所、工科大を会場にこれまで約3000人が受講している。今期は今月まで今日的課題、基礎技術、応用実務の各編で全11回。県建築士会などの認定研修にもなっており、不況下に研さんし、技術向上を目指す。日中の集中講義は初めて。午前、午後と別の内容で土木建築、設計、行政関係者ら計約70人が受講した。

 地濃教授は安全・安心で豊かな社会には社会資本の整備が必要として、「政党スローガンの『コンクリートから人へ』でなく、『コンクリートも人も』。コンクリートは生きもの。特性が分かれば長生きさせられる」と維持管理の必要を訴えた。

(2010/ 3/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。