PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
「原子力耐震・構造研究センター」起工式

 新潟工科大(布村成具学長)で15日、構内で11月末の完成を目指す「原子力耐震・構造研究センター」新築工事の起工式が行われた。

 建物は鉄筋コンクリート造り地下1階、地上2階建て延べ1160平方メートル。整備費6億7300万円のうち3分の2を国が補助する。同大と原子力安全基盤機構(JNES)、東京電力は昨年12月、施設運営について連携協定を結び、協議会、外部機関による研究委員会を開くなどの研究体制をスタートさせた。

 起工式には同大、経済産業省、JNES、東電関係者ら約30人が出席。同大理事長代行で産学交流会長の古泉肇理事は施設について「原子力施設の安全や信頼性の向上に資するとともに、さまざまな波及効果が期待されている。耐震安全にかかわる世界最先端の情報発信拠点を目指したい」と述べた。また、会田市長は「研究成果と知見が原発の耐震安全確保の役割を果たすものと心強く思っている」と期待した。

(2010/ 3/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。