PHOTOニュース

3回延期を経て開催された「新成人フェスティバル2021」。マスクの 下には喜びの笑顔であふれた=25日午後、アルフォーレ大ホール (2022/09/26)


市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)


市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)

>>過去記事一覧
市街地の新動脈「新橋海岸線」が開通

 観光や生活面での利便向上が期待される市内西港町・西本町2の都市計画道路「新橋海岸線」が完成し、27日午前10時から交通安全祈願祭・開通式が行われた。正午に供用を開始し、この開通によって国道8号と中央海岸が直結された。

 早朝の降雪から一変し、青空が広がる中で行われた開通式には、地域などから大勢が参加した。交通安全祈願に続く開通式で会田市長は、市街地の真ん中に新しい道路を造るという1957(昭和32)年の都市計画決定、95年度事業着手からの長い道のりを振り返り、多くの地権者、地域住民の理解と協力に感謝。「生活利便、災害時の避難路と緊急物資の輸送、観光の主要道路として大きな役割を果たしてくれるはずだ」と新しい動脈に期待した。港町1・2丁目町内会の米山桂一郎会長は新しい道の利便性を述べるとともに、当初計画にはなかった市道交差点への信号機設置要望の経緯を紹介。「交通の流れが大きく変わる中、交通事故のない愛される道路へ」と願いを託した。

 テープカットでは地域の人たちがクラッカーを鳴らしてお祝い。明照保育園(川又寿子園長)の年長・年中児33人が「インディージョーンズ」や「ルパン三世」のテーマ曲を演奏すると、かわいい姿に大きな拍手が起こった。

(2010/ 3/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。