PHOTOニュース

柏崎リーダー塾の第5期生の修了式。塾生代表が謝辞を述べ、決意を披露した=1日、柏崎エネルギーホール (2022/10/03)


力作がずらりと並んだ第65回市展会場=1日午前、ソフィアセンター (2022/10/01)


葉月みのり100%の新米新酒の仕込み作業に精魂を込める蔵人=市内新 橋、原酒造 (2022/09/30)

>>過去記事一覧
刈羽議会で共生事業の地元受注拡大の意見書

 刈羽村議会は24日、6月定例会最終日の本会議で、村が東京電力の寄付で複合施設を造る共生事業で同村商工会が村内業者の受注拡大を求めた請願の採択を受け、同じ趣旨の意見書の提出を可決した。提出先は刈羽村長。

 可決した意見書は4件。このうち、地元の受注拡大、地域振興策を求める意見書は「地元事業者が参画できるよう、『共生事業』の意味合いからも十分な配慮を」と求めた。商工会の請願は「村生涯学習センターの建設では村外業者が受注し、地元への経済効果はなかった。同じ轍(てつ)を踏んではならない」とした。4日の村議会共生事業調査特別委員会では複数の議員が「村への寄付なので、事業運営だけでなく、建設工事で地元発注を」と分離発注などを要望。村は円滑な工事進ちょくのためとして一括発注の考えを示していた。

(2010/ 6/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。